モテるコツの一歩目は自分のキャラクターを知ること

      2016/08/29

photo credit: ebertek via photopin cc

何年か前に「人は見た目が9割」なんて本がベストセラーになったりしましたが、恋愛の観点から考えても、僕たち男性は時に女性から外見だけで人間性まで勝手に決めつけられる状況にしばしば直面します。皆さんも、出会ったばかりの女性に「◯◯君って草食系っぽいよね〜。」だとか、「なんかチャラそ〜。絶対遊んでるでしょ?」みたいな感じでロクに会話もしてないうちから勝手にカテゴリ分けされてしまうなんて経験があるかと思います。それで、まぁ実際のところは見た目の系統が何であれ、顔面レベルで足切りされずにデートに応じてくれた女性に対しては、ちゃんとしたアプローチさえ出来れば高い可能性で女性を口説き落とす事が出来ると僕は思います。

スポンサーリンク

ad


もちろんここで言うちゃんとしたアプローチとは、肉食的な押せ押せのアプローチです。高いかどうかも分からない顔面レベルに依存した、回りくどい受け身の草食的アプローチに頼るようでは本気で好きになった女性を振り向かせる事はできません。
つまり見た目が草食系男子だろうと、ファイトスタイルが肉食系であれば全く問題無いという事です。ただここで一つ問題があって、見た目がワイルドな肉食系(基本的にイケメンと呼ばれる事が多い)の男性の場合、アプローチのスタイルまでゴリゴリの肉食系で行くと、比較的上位なその顔面レベルも作用して【チャラチャラし過ぎ】【遊び慣れている】という印象を過剰に与えてしまい相手から敬遠される恐れがあります。それなりにイケメンなのに失敗が続くという男性はそこに原因がある事が多いですね。
なので、実際にナンパや合コンなどで次々に女性を口説き落とすような最強のモテ男子は、

草食系の見た目 × 肉食系のアプローチ

で構成されている事例が圧倒的に多いです。まぁ、これだけ見ると俗に言うロールキャベツ男子ってやつなんですけどね(笑)
そもそもこの【草食系】【肉食系】というカテゴライズ自体がざっくりしすぎていると思うので、この見た目とアプローチについて、もう少し踏み込んで解説したいと思います。

photo credit: ebertek via photopin cc

アルゴリズムA:理想的な外見

photo credit: Samuraijohnny via photopin cc

photo credit: Samuraijohnny via photopin cc

先程あえて「草食系の見た目」と表現しましたが、何もメガネをかけて髪を伸ばせという事ではありません。よく「清潔感さえあればモテる」という言葉を耳にしますが、まさにその通りで病的に服装やヘアスタイルに拘る必要はありません。あとは自分の顔の系統によって、絶対にやっちゃいけない格好ていうのがあるので、それだけ抑えておけば見た目の問題はクリアです。

肉食系の外見を持つ男性はチャラいオーラを封印する

比較的イケメンの多い肉食系の男性ですが、とにかく「チャラさを消す」事に終始するべきです。地黒で良い感じにヒゲを生やしている男が、ワイシャツのボタンを胸元まで開けたり、ゴツめのシルバーアクセやサングラスを掛けてしまうと、例えそれが似合っていたとしても「チャラさ」が必要以上に増幅するので、女性の警戒心を煽ってしまいます。理想の服装としては、夏場はTシャツにジーンズ、冬場はアウトドアMIXとかジャケットスタイルなど、シンプルなものが良いと思います。

草食系の外見を持つ男性に必要なものは「華」

草食系と言うか、言わば肉食系以外の顔ですね。日本人的な顔というか、いわゆる「フツメン」とか「ブサメン」の多くははこっちのカテゴリに入るかと思います(僕もこっちです...)。それで、この系統の場合は逆にほんのり「チャラさ」を醸し出すのがポイントです。やはり地味な格好過ぎると不利で、タートルネックとか無地のTシャツとかだとインパクトに欠けますよね。かと言って無理に派手にする必要はなく、どこかに「華」を持たせることが理想です。スーツの下に着るワイシャツでも襟元や袖口の裏地に柄が入ったものを選んだり、香水を付けたりして、「もしかしたら悪い男かも」と思わせる事が出来れば完璧ですね。

アルゴリズムB:理想的なアプローチ

アプローチ方法に関しては肉食系一択のみ!!

photo credit: v1ctory_1s_m1ne via photopin cc

photo credit: v1ctory_1s_m1ne via photopin cc

運良く自分に寄ってきた女を口説くんじゃなくて、自分が好きになった女性を振り向かせたいなら積極的に行くのは当然ですよね。
それで、よく勘違いしている人がいるんですが「女性と気兼ねなく喋れる」とか「面白いトークの引き出しをたくさん持っている」というのは肉食系アプローチとは一切関係ありません。
積極的な肉食系アプローチとはここぞという時に相手の手を握れるか、口唇を奪えるか、という点に限ります。どれだけ彼女を笑わせようが、どれだけ自分の優しさをアピールしようが、勝負所で闘えないようでは女性は好きになってはくれません。それどころか、何かと理由を付けて限りあるチャンスをスルーしているうちに、モテ男アルゴリズムを身に付けた他の男に颯爽と持って行かれてしまいます。どこからか突如現れたニセモテ男に、大好きな彼女の美しい口唇や身体を奪われてしまう前に、一刻も早くモテ男マインドを身に付けて彼女を救い出しましょう。

「モテる方法」一覧へ

デートの服装選びでおすすめのメンズファッションサイト

D COLLECTION(ディー・コレクション)

いい意味で個性を消している分クセが無く、清潔感のあるコーディネートが揃っています。基本原色アイテムの組み合わせなので、サイズ感さえ失敗しなければどんな男性でも着こなせますね。いわゆる「◯◯系」みたいなファッションは、それが好きな女性に対しては刺さるんですが、その他大勢の女性には逆効果です。そういう意味で、もっとも幅広い層の女性をターゲティングできるコーディネートが揃っているのではないでしょうか。

MENZ-STYLE(メンズスタイル)

bizfront

今一番勢いのある通販サイトですね。と言うより現在のファッション通販系Webサービスの火付け役ではないでしょうか。筆者もホリエモンメルマガでこのサイトの存在を知り、ファッション通販にハマりました。ただ、個人的にアラサーの筆者からすると若すぎなのでは?というコーディネートも散見したので、現在の利用頻度としてはD collectionよりも少なめです。とは言えサイトコンセプトとして、女性目線でのコーディネートが紹介されているので、信頼度はかなり高いです。

メンズファッションプラス

こちらも女性目線で選ばれたコーディネートが採用されているサイト。『女の子ウケ抜群の「モテ服」』というコンセプトを隠すこと無く押し出しているところがなんとも気持ちいいです(笑)  個人的に先に上記2つのサービスを利用していたので、こちらのサイトの利用は数えるほどですが、コーディネートに関しては他と比べても遜色ありません。サイトの作りもごちゃごちゃしていなくて選びやすいですね。

 - モテる方法