デートで告白はギャンブル、キスを狙う方が確実に付き合える理由

      2016/08/29

photo credit: John St John Photography via photopin cc

@heyhojournalです。
日本の恋愛社会に根強く残っている文化として、「告白(告る)」というものがあります。付き合う前の男女が、相手に交際の許可を得るために行うあのイベントのことですね。
それで、もう明らかにお互いの好意が分かり合えている状態の儀式的な告白であればまぁ問題無いんですが、そうではない場合は告白ほど愚かなアプローチは他にありません。
普段出会いが少なく、恋愛経験の少ない男性は「自分が惚れた女性には、誠実に向き合いたいからきちんと告白して付き合いたい!」という考えの人が非常に多いですが、残念ながらこれは誤った考えです。

今日は、好きになった女性と付き合うまでの過程を戦略的な目線で考えた時に、キスか告白どちらの戦略を取るかでいかに明暗が分かれるかについて説明します。

photo credit: John St John Photography via photopin cc

スポンサーリンク

告白とキスの大きな違い

「告白」は相手を冷静にさせ、左脳コンピュータを起動する余地を与えてしまう

photo credit: aranarth via photopin cc

photo credit: aranarth via photopin cc

女性は告白されたその瞬間、あらゆる思考が頭を駆け巡ります。
相手の男性の将来性、性的に受け入れられるかどうか、他の彼氏候補との比較、数秒の間に脳内のスーパーコンピュータがフル稼働するのです。
その結果、「もう少し考えさせて」と不利な選考期間を設けられたり、「まだお互いの事よく知らないし」や「とりあえず友達から」など失恋フラグ立ちまくりの返答を突きつけられてしまうのです。
そして多くの男性にアプローチされているようなモテる女性ほどスーパーコンピュータは僕たちにとって厳しい結論を導き出すよう設計されています。一度この左脳コンピュータが作動してしまうと止める手立てはありません。
なので、明らかに相手の女性に好かれている状況ならともかく、脈ありか脈なしか分からない女性に対してはこのスーパーコンピュータを起動させずにアプローチすることが求められます。

「キス」は感情に火をつけ、くだらない打算を一気に吹き飛ばす

photo credit: Stuck in Customs via photopin cc

photo credit: Stuck in Customs via photopin cc

このターミネーターより冷徹で、容赦なく僕たち男性を裁くコンピュータを止める唯一の手段こそが「キス」なのです。キスには女性の感情に直接働きかけ、彼女たちの綿密にプログラムされた計算式を一撃で吹き飛ばす力が秘められています。
つまり、告白では確実に脈アリの女性しかモノにすることができませんが、キスは脈ありと脈なしの間で揺れている女性に対してもリーチできるのです。
こちらが付き合うに値する男かどうか、そんな合格ライン上でウロウロ迷子になっている女性には男らしく、情熱的なキスで答えを示してあげましょう。彼女の目がトロンと潤い、向こうから舌を絡めてきた瞬間、告白のような口頭契約では決して得ることのできない本物の愛を手にすることができるのです。

もう一度言いましょう。分が悪い状況での愛の告白など僕たちにとって何の得にもならない左脳コンピュータの起動スイッチを自ら押してしまう愚かな行為です。そうではなく、キスで彼女たちのコンピュータをハッキングし、右脳に直接訴えることこそ僕たちが取るべき最良の策なのです。

「誠意」も大切だけど、「戦略」はもっと重要

photo credit: practicalowl via photopin cc

photo credit: practicalowl via photopin cc

こう言うと嫌悪感を抱く人もいるかもしれませんが、本当に好きになった女性と結ばれるためには「戦略」が必要不可欠です。
もちろん好きになった女性に対して「誠意」はとても重要です。
しかし、果たして「告白=誠意」なのでしょうか?
今まで女性に告白した時、本心で「誠実に相手と向き合いたい」という気持ちから想いを告げていましたか?
違いますよね。正確には、「相手に自分の誠実さを認めてもらいたい。そうする事で好感を抱いてもらいたい。」から告白という手段を取っているはずです。そういう意味では、告白も付き合うための一つの「戦略」なのです。
ただ、先ほど述べたとおり残念ながらこの戦略は上手くワークしないことが多い悪手です。
「誠実にアプローチする!思いは伝わる!」と自分に酔っている人は、自分自身が駄目な戦略を取ってしまっている事にすら気づいていないAFC的思考であると言えるでしょう。
独りよがりの誠意は非モテの代表的な症状で、女性には不思議なほどその非モテの匂いはすぐに伝わってしまいます。

関連記事|髪型?体型?違う!モテる男になれない理由は君がAFCだからだ

好きな女性と確実に付き合う為には、将棋やチェスの名人のように、冷静に、淡々と確実に勝てる一手を打ち続ける戦略的思考が求められます。
「キス」というアプローチは、まさに「王手!」を仕掛けて相手を陥落させる力を持つ最も攻撃力の高い「戦略」なのです。

「デートのコツ」一覧へ

「モテる方法」一覧へ

デートの服装選びでおすすめのメンズファッションサイト

MENZ-STYLE(メンズスタイル)

メンズスタイル

女性目線でのコーディネートを紹介するという斬新な切り口で、今一番勢いのあるメンズファッションサイト。と言うより現在のファッション通販系Webサービスの火付け役ではないでしょうか。僕もホリエモンメルマガでこのサイトの存在を知り、ファッション通販にハマりました。流行をおさえつつ、長く使える実用的なアイテム展開が魅力です。スキニーパンツやジャケットなどの素材や造りも申し分なし。サイズ交換の返品送料無料など、サービス面も含め信頼度はかなり高いです。

D COLLECTION(ディー・コレクション)

いい意味で個性を消している分クセが無く、清潔感のあるコーディネートが揃っています。基本原色アイテムの組み合わせなので、サイズ感さえ失敗しなければどんな男性でも着こなせますね。いわゆる「◯◯系」みたいなファッションは、それが好きな女性に対しては刺さるんですが、その他大勢の女性には逆効果です。そういう意味で、幅広い層の女性をターゲティングできる正統派のコーディネートが揃っているのではないでしょうか。

メンズファッションプラス

こちらも女性目線で選ばれたコーディネートが採用されているサイト。『女の子ウケ抜群の「モテ服」』というコンセプトを隠すこと無く押し出しているところがなんとも気持ちいいです(笑)  個人的に先に上記2つのサービスを利用していたので、こちらのサイトの利用は数えるほどですが、コーディネートに関しては他と比べても遜色ありません。サイトの作りもごちゃごちゃしていなくて選びやすいですね。

 - デートのコツ, モテる方法