バレンタインで義理チョコを貰った時のNGリアクション3つ

      2016/08/29

photo credit: Last of the Last via photopin (license)

今年もバレンタインの季節がやってきました。

2015年の2月14日は土曜日なので、平日勤務の会社員などは、13日の金曜日に義理チョコを貰う人が多いんじゃないでしょうか。

職場内での義理チョコなんて、渡す方も貰う方も内心面倒でしかない誰得の儀式なんですが、貰った時に誤ったリアクションをしてしまうと好感度ダウンの危険があります。

この不毛なイベントを無難に乗り切るために、やってはいけないNGリアクションを3つほど紹介したいと思います。

photo credit: Last of the Last via photopin (license)

スポンサーリンク

職場で義理チョコを貰った時にやってはいけない3つのリアクション

必要以上に感激する

photo credit: KUK via photopin (license)

photo credit: KUK via photopin (license)

「やべー!今年0個だったからどうしようかと思ったよ!」

「え、いいの?俺なんかに....?(震え声)」

義理チョコを貰った時は、もちろん嘘でも喜ぶリアクションをするべきですが、必要以上にオーバーなリアクションは非モテ臭が漂ってしまいます。
特に義理チョコをくれた相手が、そこそこ意識している美人社員の場合は、不要な非モテアピールでダメ男の印象を与えてしまうようなリアクションは控えるようにしましょう。

嫌がる

photo credit: SL Band via photopin (license)

photo credit: SL Band via photopin (license)

職場での義理チョコは、どれだけブスから頂いた場合でも一ヶ月後にお返しを渡す必要があります。
同じ部署のよしみで貰う義理チョコなど、はっきり言って嬉しくもなんともないでしょう。
ただ、面倒なのは相手も同じです。十中八九相手も嫌々時間を割いてチョコを購入し、渡しています。職場内のほとんどの男女にとってバレンタインなど、ストレスでしかないイベントなのです。だからと言って、明らかに面倒臭さを露わにしてチョコを頂いては印象最悪です。
どうでもいい(とお互いに思っている)相手から貰う義理チョコにも、ビジネスライクに割り切って感謝の言葉を伝えましょう。

逆チョコを渡す

photo credit: Gift Box via photopin (license)

photo credit: Gift Box via photopin (license)

これが一番駄目です。
僕の職場にもこういう事をしてしまう草食系男子が実際にいますが、まぁイタい感じになっています。
逆チョコなんて、貰う女性もリアクションに困りますし、下手をするとかなりキモがられてしまいます。
職場内に気になる女性がいるのなら、逆チョコは最悪のアプローチです。そのような間違った手段ではなく、普段の仕事ぶりでアピールするようにして、頃合いを見て食事にでも誘うのがベストです。

まとめ

基本的にはさらっと笑顔で「ありがとう」と言って受け取っておけば無難に乗り切ることができます。
ちなみにホワイトデーのお返しは、高級過ぎず、それでいてチープ過ぎないヴィタメールあたりがオススメです。

あとは以前の記事で紹介したロイズも、美味で値段もお手頃です。

関連記事|ホワイトデーを華麗に乗り切るお返しギフト、ROYCE’の生チョコ

「モテる方法」一覧へ

デートの服装選びでおすすめのメンズファッションサイト

MENZ-STYLE(メンズスタイル)

メンズスタイル

女性目線でのコーディネートを紹介するという斬新な切り口で、今一番勢いのあるメンズファッションサイト。と言うより現在のファッション通販系Webサービスの火付け役ではないでしょうか。僕もホリエモンメルマガでこのサイトの存在を知り、ファッション通販にハマりました。流行をおさえつつ、長く使える実用的なアイテム展開が魅力です。スキニーパンツやジャケットなどの素材や造りも申し分なし。サイズ交換の返品送料無料など、サービス面も含め信頼度はかなり高いです。

D COLLECTION(ディー・コレクション)

いい意味で個性を消している分クセが無く、清潔感のあるコーディネートが揃っています。基本原色アイテムの組み合わせなので、サイズ感さえ失敗しなければどんな男性でも着こなせますね。いわゆる「◯◯系」みたいなファッションは、それが好きな女性に対しては刺さるんですが、その他大勢の女性には逆効果です。そういう意味で、幅広い層の女性をターゲティングできる正統派のコーディネートが揃っているのではないでしょうか。

メンズファッションプラス

こちらも女性目線で選ばれたコーディネートが採用されているサイト。『女の子ウケ抜群の「モテ服」』というコンセプトを隠すこと無く押し出しているところがなんとも気持ちいいです(笑)  個人的に先に上記2つのサービスを利用していたので、こちらのサイトの利用は数えるほどですが、コーディネートに関しては他と比べても遜色ありません。サイトの作りもごちゃごちゃしていなくて選びやすいですね。

 - モテる方法