筋トレ初心者でも恥ずかしからずベンチプレスに挑戦しよう

      2017/04/01

photo credit: LAZ140321_249 via photopin (license)

細マッチョもとい、「24時間365日テストステロンを垂れ流し続ける男」を目指し、ジム通いを始めました。

関連記事|男は結局細マッチョがモテるのか、本気出して考えてみた

で、せっかくジムに行ってるからにはベンチプレスにも挑戦したい。
しかし、ベンチプレスが置いてあるフリーウェイトゾーンには、ゴリマッチョなオッサンどもが超ストイックに筋トレに励んでいる...。

怖ぇwww

とても僕のようなモヤシっ子が、あの群れの中に入っていける雰囲気じゃあない。
そもそもベンチプレスのやり方もイマイチ分からんし、自分が何㎏持ち上げられるのかも分からん。
きっとクスクス笑われるだろうし、失敗してバーベルを身体に落としたりしたら大恥だ(とゆーか大怪我だ)。

「フリーウェイトに挑戦するのは、まずはマシントレーニングで最低限の筋力をつけてからだ...。」

僕はゴリマッチョなオッサンたちを横目に、チェストプレスでキコキコ胸筋のトレーニングに励んでいた。

...でも待てよ、なんで僕はそこまであのゴリラ達に気を使わなければならないんだ?
同じ金額の月会費を払っているはずなのに、ゴリは良くて僕は駄目なんて不公平じゃないか。
それにあのゴリラ達は、このスポーツジムというごくごく限定的な空間でこそ王として傍若無人に振る舞えるが、一歩街に出れば間違いなく僕のほうがモテる。あんなハワイアンゴリラ、恐れるに足りないんだ!
僕はチェストプレスの手を止め、野生動物ひしめくフリーウェイトゾーンというジャングルに足を踏み入れるのだった...。

(注:実際はゴリラは普通に筋トレしてるだけで、傍若無人でもなんでもないです。むしろ慣れてる分、超ルール守ってるw)

スポンサーリンク

初心者だからこそベンチプレス!!軽めの重量から挑戦しよう

で、実際やってみるととても楽しいですベンチプレス。
ただ、最初の一回目は何㎏の重りをセットしていいか分からず困惑しました。マジで自信なさすぎて棒だけでやろうと思ったぐらいwww
しかしあの棒(というかシャフト)もなかなか侮れず、メーカーによるだろうけどあれだけで20㎏ぐらいあります。
なので腕に自信がない場合は、しょっぱなは一番軽い2.5kgとか5kgの重りをセットしましょう。この2.5kgとか5kgとかの重りって、我ながら情けなくなるぐらい小さくてかわいらしい輪っかなんですが、大丈夫。他人は自分が思うよりはるかに、自分に対して興味関心などありません。ゴリラ達も自分のことに必死なんです。
それに最初は恥ずかしいほど小さい重りでも、がんばってトレーニングして数ヶ月後にはそれなりに大きい重りも持ち上げられるようになるとか、なかなかドラマがあっていいじゃありませんか。
それで具体的な目安としては、10回×4setが、ギリギリこなせるぐらいの重量を選びましょう。2、3回持ち上げて限界が来てしまうような重量はNGです。逆もまた然りですね。
また、姿勢も大事です。誤った姿勢で行うと、筋トレの効果が得られないどころか下手すると筋肉を傷めます。これに関してはYoutubeとかで検索するといくらでも出てくるので、正しい姿勢で臨むようにしましょう。

やはり順調にレベルアップを図るなら、マシントレーニングだけでは非効率です。一度に色んな筋肉を鍛えることができるフリーウェイトを取り入れてこそジム通いの意味があると言えるでしょう。せっかく月会費払ってんだから、他人の目など気にせず、どんどん挑戦していきましょう。
とか言いつつ僕もまだデッドリフトとかスクワットはビビって挑戦できてませんw

※2017年追記 1年半ほどジムに通い、それなりに身体も逞しくなってきました。モテ度への影響など記事に残してますので、興味のある方はどうぞ。

【人気記事】ガリガリナンパ師が細マッチョになった結果www

 

「筋トレ」一覧へ

デートの服装選びでおすすめのメンズファッションサイト

MENZ-STYLE(メンズスタイル)

メンズスタイル

女性目線でのコーディネートを紹介するという斬新な切り口で、今一番勢いのあるメンズファッションサイト。と言うより現在のファッション通販系Webサービスの火付け役ではないでしょうか。僕もホリエモンメルマガでこのサイトの存在を知り、ファッション通販にハマりました。流行をおさえつつ、長く使える実用的なアイテム展開が魅力です。スキニーパンツやジャケットなどの素材や造りも申し分なし。サイズ交換の返品送料無料など、サービス面も含め信頼度はかなり高いです。

D COLLECTION(ディー・コレクション)

いい意味で個性を消している分クセが無く、清潔感のあるコーディネートが揃っています。基本原色アイテムの組み合わせなので、サイズ感さえ失敗しなければどんな男性でも着こなせますね。いわゆる「◯◯系」みたいなファッションは、それが好きな女性に対しては刺さるんですが、その他大勢の女性には逆効果です。そういう意味で、幅広い層の女性をターゲティングできる正統派のコーディネートが揃っているのではないでしょうか。

メンズファッションプラス

こちらも女性目線で選ばれたコーディネートが採用されているサイト。『女の子ウケ抜群の「モテ服」』というコンセプトを隠すこと無く押し出しているところがなんとも気持ちいいです(笑)  個人的に先に上記2つのサービスを利用していたので、こちらのサイトの利用は数えるほどですが、コーディネートに関しては他と比べても遜色ありません。サイトの作りもごちゃごちゃしていなくて選びやすいですね。

 - 筋トレ