デートで下心を見せず個室居酒屋に誘う方法

      2017/01/13

kositsu-izakaya

「明日のデートではなんとしてでもゴールをキメたい!でも個室居酒屋を事前に予約するのは下心ミエミエだよなぁ…。」
なんて葛藤を抱えた経験ありませんか?

そう、アプローチ慣れしていない草食系男子にとって、個室居酒屋は勝率を飛躍的に上げてくれる聖地と言えます。しかしそのホームコートアドバンテージを得るためには、下心バレのリスクを回避しつつ自然な流れでスタジアムまで誘導する必要があります。

そこで今回は個室居酒屋の優位性とリスクについて、そしてデート当日にごく自然に個室居酒屋に入る会話ルーティーンを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

個室居酒屋のメリット・デメリット

メリット:関係構築から性的アプローチまでが一軒で完結する

まずは個室居酒屋を使うことのメリットと、リスクについて理解しておきましょう。
本来、デートでレストランを選ぶ際は、あらゆる条件を熟慮する必要があります。
とりあえず店選びの絶対条件となる6か条を掲げてみました。

1.雰囲気はどうか
2.値段は相応か
3.料理は美味しそうか
4.カウンター席はあるか
5.近隣に人通りの少ないベンチや公園などの、アプローチスポットはあるか
6.一軒目で関係構築が足りなかった場合、より親密度の上がるバーが近くにあるか

これらの条件を満たすレストランの選定+研ぎ澄ませたアプローチで上級プレイヤーは女性を口説くわけです。そして、そういうモテ男はすでに条件を満たすレストランをいくつか把握しており、レストラン→ベンチor2軒目→自宅(ホテル)の同じ成功ルートを色んな女性に使うことができます。これは言うまでもなく経験の成せる技なので、レストランの知識もアプローチ力もヒヨッコな草食プレイヤーではそう上手くは行きません。

そこで、個室居酒屋です。
個室居酒屋は、上で掲げた6か条の中でも特に重要項目である、4〜6の部分が完全にパッケージングされています。
密室空間の中で関係構築はもちろん、本来なら店を出てから行うべき性的アプローチも一軒目で済ませることができてしまうのです。恋愛工学のACSモデルで言うところの、C(和み)フェーズとS(ギラ)フェーズを一気にできるわけですね。

まだ女性を口説くことに慣れていないうちは、店を出て移動中に手をつなぐなどの基本的なアプローチに勇気が出なかったり、路上やベンチでの雰囲気作りになかなか手を焼いたりします。その点個室居酒屋のような狭く密着された空間は、お互いを意識すると同時に、その勢いのままアプローチできるので勇気のハードルはかなり低めです。チキンハートでもアプローチしやすいところが最大のメリットと言えるでしょう。

デメリット:そもそもセンス悪いしサイアク相手の女性に引かれる

メリットだけ見ると最強のように思える個室居酒屋ですが、全然そんなことはありません。なぜなら、絶対に満たさなければならない上記6か条のうちの、1と3を全くもって満たしていないからです。

そこそこ女性慣れした男性がデートで選ぶ店としては、イタリアンやフレンチ(ビストロ)、居酒屋でもこだわりのある店をチョイスするのが基本です。誘われる側の女性としてもそのあたりが当たり前という認識でしょう。しかし、個室居酒屋はどこも似たような店が多く、料理も某和民系レベルの、まるでコピー&ペーストしたかのようなラインナップと味です。

大学生同士のデートならまだ許されますが、社会人がこの手の個室居酒屋をデートの店としてチョイスすると、場合によってはセンスを疑われます。相手がデート慣れしたOLだとなおのことですね。

さらに、やはり下心がミエミエなので、下手をすると相手をドン引きさせてしまう危険性もあります。

自然な流れで個室居酒屋に誘導する裏技

繰り返しますが、一人前の社会人が露骨にチャラチャラした個室居酒屋を使おうとすると一発NGを食らう可能性があります。よって、そのような店を事前に予約するなどナンセンスです。
個室居酒屋に誘いたい場合は、あくまで

偶然

を装いましょう。
まず、デート前に自分が行きたい個室居酒屋の目星をつけておきます。そして待ち合わせ場所で彼女と合流したら、二人で歩きながら次のルーティーンを使いましょう。

♂「仕事が忙しくてお店予約する時間がなくてさ、何か食べたいものある?」

♀「いえいえ、私なんでも食べれますよー!」

♂「おれも腹減りすぎて今何でも食えるわ。あ、とりあえずココ(目星つけてた店)でいい?歩きまわるのもアレだし、ひと通り何でも揃ってそうだよ」

ほとんどの場合、女性に食べたいものを尋ねると「なんでもいい」という回答が返ってきます。万が一「焼き鳥が食べたい」「イタリアンが食べたい」など具体的な返事がきた場合は、

「それなら是非連れて行きたい店があるんだけど、ここからじゃ少し遠いなー。まぁソコは次回の楽しみに取っとくとして、今日はこの辺でお店探そうか。空腹過ぎてもう歩けないわー、あ、ココ(目星つけてた店)は?」

みたいな感じで誘導しましょう。
重要なのは、ある程度信用できそうな店の目星をあらかじめ見つけておくことです。狙いの店が満席の可能性もあるので、デートが週末の場合は近辺で第2・第3候補ぐらいまで決めておくと安心ですね。

間違っても本当にノープランでデートに臨んで、キャッチが紹介するクソみたいな居酒屋に入ってしまうみたいなことはやめましょう。

目星をつけておくべきいちゃいちゃできる個室居酒屋

おすすめは横並び席のある個室、次いでL字型

心理的に、最も親密度が上がる座席の位置関係はL字型と言われています。そして最近のうわついたコピペ系個室居酒屋は、カップルシートと称してL字型個室を導入している店がほとんどです。

しかし、僕が個人的に最もおすすめするのは横並び、カウンター型の個室です。

心理的なアドバンテージはL字型とほぼ同等、しかしアプローチ(ボディタッチ)のしやすさは横並びのほうが断然上です。L字型のほうは、個室が狭すぎたりすると攻勢を仕掛けるのに少々無理をしなければいけない場合があります。より自然な雰囲気で肩を抱き寄せたりできるカウンター個室こそ最強ですね。

もしも対面席に通された場合の必殺技

なりゆきで偶然(を装って)フラッと入った個室居酒屋で、必ずしもカップルシートに通されるとは限りません。もちろん事前調査でL字席なりカウンター席があることはわかっていますし、そういう店に男女で入ればカップルシートに通される確率はかなり高いです。しかし、客の入り具合などの状況次第では、対面型の個室に通される可能性も否めません。

そして残念ながら、L字やカウンターに比べると、対面テーブルというのは最も親密度の構築が難しいです。はっきり言って、対面テーブルの個室居酒屋に入るんだったら、個室じゃないカウンター席の店のほうが圧倒的にマシです。

しかし、悲観することはありません。対面席でも、横並びに座ることができるのが個室居酒屋です。
お互いそれなりにアルコールも進み、楽しくなってきたタイミングでトイレに立ちましょう。そして戻り際、しれっと彼女の隣りに腰を降ろすのです。「あ、間違えたw」とでも言えば万事OKです。そこからの流れで肩を抱き寄せるなどのアプローチに打って出ましょう。
また、逆パターンも使えます。彼女がトイレから戻ってきた際に、自分の横に座るよう手招きしましょう。すんなり隣りに座ってくれれば脈ありサインなので、こちらからの中間テストの意味でも活用できますね。

個室居酒屋デートを成功させるには

一体なにをどうやって女性を口説けばわからないルーキープレイヤーには、個室居酒屋はとてもおすすめです。

条件を満たす個室居酒屋の目星をつけておくこともそうですが、デートは下準備できているかどうかが明暗を分けます。絶対に負けられないここぞというデートなら、個室居酒屋で上手くアプローチできなかった場合に、近くに挽回できそうなスポットがあるか下見しておいてもいいぐらいですね。

さらに、髪型や服装を整えるのも準備のひとつ。服装はメンズスタイルにピックアップされている着こなしなどを参考に、女子ウケするコーディネートを揃えましょう。待ち合わせ場所でのファーストインプレッションで、いかに女性の心をつかむかも重要な要素です。

関連記事 : 誰の目からもお洒落に見えるメンズファッションの定義とは

「デートのコツ」一覧へ

デートの服装選びでおすすめのメンズファッションサイト

MENZ-STYLE(メンズスタイル)

メンズスタイル

女性目線でのコーディネートを紹介するという斬新な切り口で、今一番勢いのあるメンズファッションサイト。と言うより現在のファッション通販系Webサービスの火付け役ではないでしょうか。僕もホリエモンメルマガでこのサイトの存在を知り、ファッション通販にハマりました。流行をおさえつつ、長く使える実用的なアイテム展開が魅力です。スキニーパンツやジャケットなどの素材や造りも申し分なし。サイズ交換の返品送料無料など、サービス面も含め信頼度はかなり高いです。

D COLLECTION(ディー・コレクション)

いい意味で個性を消している分クセが無く、清潔感のあるコーディネートが揃っています。基本原色アイテムの組み合わせなので、サイズ感さえ失敗しなければどんな男性でも着こなせますね。いわゆる「◯◯系」みたいなファッションは、それが好きな女性に対しては刺さるんですが、その他大勢の女性には逆効果です。そういう意味で、幅広い層の女性をターゲティングできる正統派のコーディネートが揃っているのではないでしょうか。

メンズファッションプラス

こちらも女性目線で選ばれたコーディネートが採用されているサイト。『女の子ウケ抜群の「モテ服」』というコンセプトを隠すこと無く押し出しているところがなんとも気持ちいいです(笑)  個人的に先に上記2つのサービスを利用していたので、こちらのサイトの利用は数えるほどですが、コーディネートに関しては他と比べても遜色ありません。サイトの作りもごちゃごちゃしていなくて選びやすいですね。

 - デートのコツ