細マッチョがモテる、猿でも分かる理由とは

      2017/03/22

gym

ワタクシ事ですが、今週からジム通いを始めました。
理由は、運動不足解消とか筋肉質なカラダへの憧れとか強くなりたいとか、色々ありますがひとことでまとめると、まぁモテるためです。

しかし、ガタイがいいと本当にモテるのか?

確かに、テレビでキャーキャー言われているアイドルや歌手はみんなマッチョです。
そして女性なら誰もが恋焦がれるサッカー選手たちも、当たり前ですがマッチョですね。
また、僕がこれまで実際に聞いた意見の中にも、「細マッチョが好き」といった女性の声は少なくありませんでした。
女性にとって、マッチョ(特に細マッチョ)が恋に落ちるトリガーのひとつであることは、疑いようのない事実でしょう。

しかし、ただ単純に肉体改造をして、いいカラダになれば本当にモテるのか?
今日は、マッチョとモテの相関性について掘り下げて考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

筋肉質は本当にモテる?

マインドがマッチョなら体型はあまり関係ない

以前書いた記事で、僕はモテるためにはテストステロンが重要であるということを散々説きました。

関連記事|「モテオーラ」は作り出せる!!テストステロンを分泌させる3Tips

しかし偉そうなことを言っておきながら、実は僕は179cm/62kgという、スーパー痩せ型のアンガールズ体型です。

では体型がキモいことが原因でモテないのかというと、そんなことはありません。
確かに、新たに知り合った女性に全く興味を持たれないことはしょっちゅうですしLINEの既読スルーなど日常茶飯事ですが、女性を魅了しておいしい思いをするケースも少なくはありません。

なぜ萎びたスルメのような体型の僕でもそれなりの結果を残すことができるのか。
その理由は明白で、上にも書いた通り数多くの失敗の山と、その先にある成功を繰り返し経験することで、精神的な筋力が異常に鍛えられているからです。精神がタフネスであれば、女性にアプローチする際に恐怖で足を絡めとられることなく、堂々と自信溢れる行動を取ることができます。

なので、いま現在モテない非マッチョ男性が、マッチョになればモテるようになるのかというと、答えはノーです。いくら肉体をマッチョにしようが、マインドがマッチョにならないことにはいつまで経っても女性にはキモがられるからです。
非モテ非マッチョ男性は、モテたいからと言って安直にジム通いを始めるのではなく、まずは以下の記事を参考にマインドの筋トレから始めてみましょう。

関連記事|彼女ができない?!ナンパもできない?!だったらバーに通って映画のような出会いを体験しよう

関連記事|いつまで経ってもナンパの仕方が分からない草食系男子のための第一声ガイドライン

ではマインドがすでにシュワルツェネッガー級のマッチョで、肉体が一反木綿の男性は、カラダを鍛えることでよりモテるようになるのか?
それについては、僕なりにひとつ仮説を立ててみました。

「非マッチョ<マッチョ」を「貧乳<巨乳」に置き換えるとめっさ腑に落ちる

そう、男性のおよそ10割は、おっぱいが好きです。
巨乳好き、美乳好きなど、こだわりや流派は人によって異なりますが、ほとんど男性は、おっぱいは大きければ大きいほど良いという意識です。もちろん中には貧乳好きの男性もいますが、それはかなりの少数派と言えるでしょう。
しかし、絶対におっぱいは大きくなければいけないのかと言うと、そんなことは断じてありません。顔や雰囲気がとてもタイプの女性だったら、たとえ胸が小さくても全力で愛してしまいます。
そして逆に、顔がイマイチでも胸が大きければ思わず心ときめいてしまうのも、男の本能です。

こういった、男性が女性のおっぱいに魅力を感じる心理は、そっくりそのまま女性が男性の筋肉に惹かれる心理に置き換えることができるんじゃないでしょうか。

つまり、女性は男性の筋肉に対して性的魅力を感じることは確かだが、それが恋に落ちる絶対条件ではないということです。
カラダがヒョロヒョロでも、自信溢れるアプローチで口説き落とせてしまう理由がまさにそれですね。

ただしデブは駄目だ

酷な話ですが、痩せ体型に比べ、デブ男性は本当に需要がありません。
ぽっちゃり女子はそれなりに人気がありますが、ぽっちゃり男子は本当にモテないのです。
もちろん貧乳フェチの男性が一定数いるように、太った男性が好きな人も中にはいるでしょう。しかし、そんなマイノリティに出会うのを待っていても、なかなかチャンスは訪れません。

ただし、デブは、ガリよりも少ない努力でマッチョな肉体を手にすることができます。
ガリはいくら食べてもなかなか太ることができませんが、デブは間食をやめてちょろっと走るだけですぐに痩せることができるからです。

有酸素運動やSIXPADで脂肪を燃焼し、ウェイトトレーニングで美しい細マッチョに生まれ変わりましょう。

気づかぬ内に機会損失しているかも...

デブは置いといて、ガリでも自信さえあればそれなりにモテるという話をここまで展開してきました。
しかし、多少モテるからといって向上心を捨ててしまっては男やってる意味がありません。それに、やはりモテてる非マッチョより、モテてるマッチョの方が多くの女性にリーチできます。

と言うのも、女性と出会ってから両思いになるまでは、以下のような工程をクリアしていく必要があるからです。

①出会う(合コン、街コン、ナンパなど)

②連絡先を交換する

③食事(デート)の約束を取り付ける

④食事に行く

⑤キメる

 

④のステージまで進むことができれば、もはや体型は関係ありません。ガリだろうがデブだろうが、以下記事で書いたようなマッチョなアプローチでゴールを決めることができます。

関連記事|交際前のデートでの会話必勝法!!女性の心をつかむどころかエグる技術

関連記事|告白のタイミングを窺っている時点で敗北決定!デートではキスを狙う方が確実に付き合える

ある程度経験値の高い男性なら周知の事実ですが、③の壁さえ越えてしまえば勝ったようなものなのです。ただ、これは簡単に越えられるような壁ではありません。それまでの工程で足切りされてしまうケースが本当に多いです。
自分自身の魅力を上げる、つまり理想的な肉体を手にすることは、③の壁を越える前の撃沈数を減らすことに繋がると思います。

結論:マッチョじゃなくてもいいけど、筋トレしといて損は無い

ファッションを気づかうのと同じように、肉体も磨き上げる。

それが直接モテに直結するかというとそうではないですが、魅力的な男を目指すために汗を流すことは決して悪いことではないでしょう。テストステロンも分泌されますし。

僕も効果的な筋トレを現在模索中なので、結果が出れば随時アップしていきたいと思っています。

【2017年3月22日追記】

ジムに通い始めて1年半ほど経ちましたが、現在69kg前後をキープしています。もう少し増やしたいところですが、週2ペースだとこんなものかなと。なかなか体重が増えない、もしくは減らないとうのが悩みの人はストライクHMBが効率的にボディメイクができてオススメです。

「筋トレ」一覧へ

「モテる方法」一覧へ

デートの服装選びでおすすめのメンズファッションサイト

MENZ-STYLE(メンズスタイル)

メンズスタイル

女性目線でのコーディネートを紹介するという斬新な切り口で、今一番勢いのあるメンズファッションサイト。と言うより現在のファッション通販系Webサービスの火付け役ではないでしょうか。僕もホリエモンメルマガでこのサイトの存在を知り、ファッション通販にハマりました。流行をおさえつつ、長く使える実用的なアイテム展開が魅力です。スキニーパンツやジャケットなどの素材や造りも申し分なし。サイズ交換の返品送料無料など、サービス面も含め信頼度はかなり高いです。

D COLLECTION(ディー・コレクション)

いい意味で個性を消している分クセが無く、清潔感のあるコーディネートが揃っています。基本原色アイテムの組み合わせなので、サイズ感さえ失敗しなければどんな男性でも着こなせますね。いわゆる「◯◯系」みたいなファッションは、それが好きな女性に対しては刺さるんですが、その他大勢の女性には逆効果です。そういう意味で、幅広い層の女性をターゲティングできる正統派のコーディネートが揃っているのではないでしょうか。

メンズファッションプラス

こちらも女性目線で選ばれたコーディネートが採用されているサイト。『女の子ウケ抜群の「モテ服」』というコンセプトを隠すこと無く押し出しているところがなんとも気持ちいいです(笑)  個人的に先に上記2つのサービスを利用していたので、こちらのサイトの利用は数えるほどですが、コーディネートに関しては他と比べても遜色ありません。サイトの作りもごちゃごちゃしていなくて選びやすいですね。

 - モテる方法, 筋トレ