出会いとデートの教科書

-出会いの第一印象からLINEのテクニックまで、デートを成功させたいすべての男女へ-

モテる男のマインドを学べる映画

      2017/10/16

img4
heyhojournalです。
遅らばせながら『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観たので、今日はこの映画について書きたいと思います。

スポンサーリンク

男性ホルモン値がモノを言う株式ブローカーの世界

THE WOLF OF WALL STREET
「実話」を元に作られている事や「詐欺」などのキーワードから、どことなく『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を彷彿とさせられる映画ですね。ただ、肉食指数は『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のディカプリオの方が圧倒的に上回っています。
そして今回のディカプリオの役どころのように、優秀な株式ブローカーやトレーダーはテストステロン値が高いと言われています。

劇中ではディカプリオの社内スピーチが見所の一つですが、その中で「稼がなくても良いと思っているやつは今すぐここを出てマックで働け。そこがお前の居場所だ。」といったものがあります。実際に成果の出ない弱者は一瞬でクビを切られる世界で戦い抜く彼らはまさに野獣というかウルフそのもので、そんな狼共の織り成す下品な言葉遣いやドラッグ、セッ◯スが全編を通して散りばめられています。
そして、社内でセッ◯スするような社員は拍手喝采で一目置かれ、手が空いたので金魚鉢の掃除をするような社員は即刻クビという、まさにテストステロンの数値で地位が決まってしまうような世界が描かれています。

テストステロンの無限インフレを起こせ!!

img3
このように「より稼いだ奴が神で、稼げなかった奴はクソ」というウォール街の世界で、成功と男性ホルモンとの関連性がより顕著に現れる様がこの映画では随所に見られます。まさに「仕事がデキるヤツはモテるし、モテる奴は仕事がデキる」といったポジティブなループを体現していると言えるでしょう。
このループは「卵が先か鶏が先か」みたいな話になりますが、
仕事で頑張って結果を出す⇒テストステロンが分泌されてモテる⇒モテることによりテストステロン値が上昇し、さらに仕事で成果が出せる⇒さらにさらにテストステロンが上がりモテる⇒さらにさらにさらに…
のような無限インフレで仕事でも恋愛でも上手くいくようになります。
そしてこの最強スパイラルは、何もウォール街のブローカーにだけ与えられた特権ではなく、どんな職種の人間でも作り出す事が出来ます。仕事であっても女性を口説く事であっても、とにかく小さな成功をどちらかで得ることから始めてみましょう。少しずつ成功の感覚を体に覚えさせることで、テストステロンが上がるとともに成功への嗅覚が研ぎ澄まされていきます。徐々にテストステロンループを作り出す事が出来れば、ビジネスで思わぬ成果を得たり、美女を口説き落としたりすることも夢ではありません。
この映画にはそんな男の野心を掻き立てる場面が至る所で垣間見ることが出来ます。

「モテる方法」一覧へ

 





いい女と高確率で出会えるマッチングアプリ3選

pairs

言わずと知れた大人気マッチングアプリ「pairs」登録者数もとにかく多いので、すぐに会いたいデートも可能なアプリです。趣味・趣向ごとにコミュニティもありますので、自然と女性とのメッセージも盛り上がり、マッチング率も高いです。おすすめ。

omiai

サクラゼロ宣言

面食いならここ。なぜかマッチングアプリは色分けされていて、omiaiは比較的綺麗な子、イケメンが登録するようなイメージになっているようです。実際に使ってみると確かに可愛い子が多く、テンションは上がりますが、かわいい子はやはり競争が激しいので、なかなかマッチングが難しいです。ですが、マッチングするまでは無料で使って、マッチングしたら有料登録してメッセージをすればいいので、その戦法がおすすめですね。

with

メンタリストDaigo監修のマッチングアプリ。メッセージをサポートしてくれるのでコミュニケーションが苦手な方に多く利用されています。こちらも人気で登録者も多く、押さえておきたいアプリですね。

 - モテる方法