出会いとデートの教科書

-出会いの第一印象からLINEのテクニックまで、デートを成功させたいすべての男女へ-

モテない男が彼女を作るにはまずは女性の友達を作れ!

   

こんにちは。heyhojounalです。

この「彼女を作る方法」シリーズでは、モテない男、彼女ができたことがない男向けに、多くの人の体験談を募り、ヒントを得てもらうためのコンテンツです。

私自身もイケメンではなく、キャラやトークで彼女を作ってきていますので、体験談を見て私からみたポイントも加えて、解説させていただきます。

少しでも彼女づくりのお役に立てれば幸いです。

第1回は「モテない男が彼女を作るにはまずは女性の友達を作れ!」です。

では、体験談を見ていきましょう。

まずは自己紹介

現在、年齢は24才(執筆当時)です。某大学院を終了し、現在は社会人一年目として働いています。

彼女については恥ずかしながら約23年間ずっとおりませんでした。告白はされたことはありませんでしたが、2回ほど告白したことがあります。

しかし、今振り返ると明らかにタイミングが早すぎて、2度とも振られてしまっています。

しかし23才の時に初めて告白を無事成功させて、現在もお付き合いを続けております。そこで今回は彼女の作り方について、恋愛初心者ながら、実体験をもとにお話ししていきます。

出会いはどこに転がっているかわからない!出会う方法

まず彼女ができない理由のひとつとして、そもそも出会っていないことが挙げられます。

当然です、出会ってすらいないのであれば一生彼女はできません。

まずはとにかく出掛けてみましょう。合コンでも、街コンでも、友達と遊びにいくでも、会社の飲み会でも、サークルでも、何でも構いません。

かくいう、私はクラスの同窓会がきっかけで今の彼女と出会い(再会)ました。

私もそうでしたが、行動すらしていないのに彼女ができないと嘆いていました。

しかし、それは当然です。まずは行動を起こしましょう。身だしなみ等はそのあとでも構いません。

彼女を作る前に、女性の友達を作る!重要

次に私が行ったのは彼女ではなく、友達を作りました。

とくに女性の友達がいない場合、友達すらいないのに彼女を作ろうとすることは無謀に近いです。

なので、まずは気軽に遊びに誘うことのできる女性の友達を作りましょう。

彼女を作ろうとすると、力んだりがっついている印象を与えてしまうので警戒されてしまいますが、友達を作ろうとしているのであればリラックスして付き合っていけると思います。

女友達といっても彼女にしたいくらい可愛い子はおすすめできません。

それでは変に気取ってしまい、うまく練習いかず、練習にもならないからです。

恋愛経験が薄い人は、まずは、共通の趣味とか、共通の友達とか、なんでもいいので、それほどタイプでない子から友達になるようしていきましょう。

グループの中で一緒に遊べる中、時々、ライン出来るくらいの関係で良いと思います。

女友達を増やすことで、紹介してもらえる可能性も高まりますし、恋愛相談もできますので、プラスしかありませんよね。

モテない私が彼女を作った方法:じっくり、しかし確実に距離を縮めていこう!

では、本題です。

私は、彼女を作るときは長期戦でした。初めての同窓会から、およそ3年経ってようやく付き合い始めました。

ここまで長くなくては良いと思いますが、長期戦にもちこむメリットをいくつかご紹介いたします。

長期戦にする理由:すぐに告白してはいけない!

これは実体験ですが、すぐ彼女を作ろうとして、まだまだ早いのにすぐ告白してしまって振られてしまうということがありました。

もちろん、早くチャンスを作りたいという気持ちはわかります。早くしないと他の人に先を越されてしまうと焦る気持ちはわかります。

しかし、告白のチャンスはほとんどの場合一度きりです。なので本気で好きになったときこそ慎重にいきたいものです。

これは男性と女性の考え方の違いで、男性はストライクゾーンならほとんどの場合タイミングも関係なくYESだと思います。

ですが、女性は違います。じっくりと、少しずつ、自分があなたのことを好きかどうか考えます。

そして、OKのラインに行くまでは可能性があったとしてもNOとなってしまいます。

このあたりを理解して、女性に合わせるように関係を深めていきましょう。

長期戦のメリット:様々な駆け引きが可能になる。

二つ目のメリットは様々な駆け引きが可能になることです。

例えば週2回会っているときもあれば、月1回しか会わないときもある、という風にメリハリをつけることも大事だと思います。

最低限の頻度で会ってさえすれば、相手の記憶には残ります。また空白の期間があれば次のデートの場所を考えたり、狙っている人以外の友達の女性に相談することができます。ここで友達を作っておくことのメリットが効いてきます。

相手の趣味や性格を理解でき、自分自身をよく知ってもらえる

いざ付き合ってから想像と違う、気を遣いすぎてしまう、性格や趣味が全く合わない、などといったすれ違いはどうしても避けたいですね。

もちろん、そんなことは極力避けたいです。そこで付き合うまでの期間を長くしておけばそのようなすれ違いも少なくなるはずです。

またもし趣味などが合わなければ、彼女ではなく友達として継続することもできますのでリスクが少ないです。

告白の仕方

告白をするときは、直接会って話すべきだと思います。

中には電話であったり、LINEで告白する人も多いと思います。もちろんそれぞれに良さはあると思います。

しかし、それでもあえて直接会って告白するべきだと私は思います。

それはなぜかと言いますと相手の表情を視覚的に見ることができるからです。

人間は印象を左右するものとして、55%を視覚、38%を聴覚、残りの7%を言語で判断していると言われています。(アルバート・メラビアンの実験結果より)

つまり、LINEで告白するとわずか7%の情報しか伝達、授受ができないということになります。電話の場合は45%です。

一方、直接話せば視覚、聴覚、言語すべての情報が入ってきますので自分の気持ちをフルに伝えることができます。

告白は一大イベントです。1%たりとも余すことなく相手に想いを伝えたいなら、直接会って告白するとよいのではないでしょうか。

彼女ができた後の心構え、気を付けていること

私は交際しておよそ1年になります。いまのところ大きな喧嘩もなく、仲良く過ごしています。そこで私が気を付けていることをいくつか挙げます。参考になると幸いです。

会う頻度は週2回以下(もちろん以下の話は同棲を除きます)

会う頻度については人それぞれだと思いますが、私は頻繁に会いすぎるのもよくないと思います。なぜかといいますと生活が彼女中心になってしまうからです。自分の時間を大切にしたいと考える人は特に会う頻度には気を付けましょう。

言いたいことはすぐにいう

我慢していても解決しません。細かいことでもお互いに言うように心がけましょう。そこでの喧嘩はいいことだと思います。後々の同棲や結婚を見据えると、今のうちに理解の齟齬はなるべく解消しておきましょう。

まとめ 長期戦が重要

以上、24年間彼女がいなかった方の体験談をご紹介いたしました。

やはり、「長期戦」というのがポイントですね。

よく、男は余裕がないとモテないといわれますがまさにこれです。

ある程度、好意を感じさせておいて、泳がせておくと、女性の方から歩み寄ってくれるというんはよくあることですね。

すぐに告白してしまって、自分がモテないと感じているのであれば、まずは長期戦を意識してみてください。

1人に3年かけるのは嫌だと思うかもしれませんが、決して1人に絞らなくて大丈夫です。

2~4人くらい候補で長期戦をしておけば、心の余裕も持てますし、うまくいく可能性も上がります。

その経験から、あなたの得意パターンを作って、モテ男になってください。応援しています。

彼女を作る方法一覧へ





 - 彼女を作る方法