出会いとデートの教科書

-出会いの第一印象からLINEのテクニックまで、デートを成功させたいすべての男女へ-

『結露取りワイパー』が冬の朝の結露を良い感じに駆逐してくれる

   

wiper2

heyhojournalです。
カビの原因となる窓ガラスの結露。冬の朝はこいつの対策が面倒ですよね。
タオルや雑巾でこの結露に立つ向かうと、たちまち水を含んでタオルがびちゃびちゃになります。窓を1枚拭いてはタオルを絞り、また1枚拭いてはタオルを絞る。ただでさえ時間がない朝に、冬場はこの辛い仕事がプラスされます(しかも寒いし)。
それで、ふとホームセンターで出会ったこの『結露取りワイパー』が安い割になかなか使い勝手が良かったので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カビの原因となる結露をサッと拭き取る『結露取りワイパー』がかなりオススメ

冬の朝は結露で窓ガラスが曇ります。ヒドい日は窓全体が真っ白になりますね。

window

こいつを「結露取りワイパー」でササッと拭いていきます。文字通り「ワイパー」なんでタオルや雑巾で拭くよりも圧倒的に簡単に、短時間で水気を切ることができます。

wiper3

で、何より凄いのがこの結露取りワイパー、拭きとった水分がそのまましたのボトルに溜まっていきます。

wiper4

タオルや雑巾だとどうしてもびちゃびちゃになって、いくら拭いても水分が窓の下の方に滴り落ちてしまうんですが、これなら窓の水分を余すこと無く除去することができます。シンプルな構造ですが、まさにアイデア製品です。
本当に面白いようにボトルに水が溜まっていって、僕の家は合計7枚ガラスがありますが、全部拭くと水が溢れそうなぐらいになります。結露の水量怖ろしやですね。

安価なものから充電式まで、色んなタイプの結露取りワイパー

僕はたまたま立ち寄ったホームセンターで、600円ちょっとで購入したんですが、ネットで見てみると色んなバリエーションの結露取りワイパーがありました。
まず、僕と同じようなタイプのものならAmazonだと300円台で購入できます。マジか。

こちらは人気ナンバーワンの結露取りワイパー。これも安い時は300円台みたいですね。

なんと充電式の電動結露取りワイパーもありました(笑)
一滴残らず結露を駆逐してやるという人は是非。

 





 - おすすめアイテム