出会いとデートの教科書

-出会いの第一印象からLINEのテクニックまで、デートを成功させたいすべての男女へ-

LINEテクニック(気になる異性を落とす方法)

   

LINEを制する者は恋愛を制す!!

今のコミュニケーションツールとして、LINEでのやり取りは電話よりも重要になります。昔はLINEやスカイプといったものが無く、文字でのやり取りのメールはビジネスライクな面もありましたが、LINEの普及により電話よりもLINEで会話する事が普通になってきました。

重要な話から世間話のような話までがLINEで行われている今、LINEでのコミュニケーション能力が無い人間は異性を落とすことが出来ない訳です。

トーク力よりLINE力が今日の恋愛では一番大事だという事を考えましょう。

電話での会話とLINEでのやりとりは違う!である理由

電話でのやり取りとLINEでのやり取りを同じに考えるのは危険です。

電話は流れに乗り、くだらない内容や間違いがあっても、すぐにタイムリーに返答が出来ます。

ですがLINEは間違いが修正できません。例えば電話であれば金曜日食事行こうよ?と聞いてダメだよ予定あるからと聞いても、タイムリーにじゃあ土曜日は?と聞くことが出来ます。

このタイムリーが重要な話になりますが、LINEで金曜日はダメだよと言われた後、すぐに土曜日は?と聞いても返答が直ぐに来るとは限りません。何故ならLINEは重要な話もしますが、普通の会話もするので、そこまでLINEだけに縛られなくても良いツールだからです。

言うなれば電話なら切るまで会話をし続けなければいけませんが、LINEなら途中で辞めることが出来るので、せっかくのデートの誘いも時間が空いて考えるとやっぱり良いかなーと思えてしまえるのがLINEなんです。

便利な反面ライブ感に欠けるので、トークが得意な方でもLINEは苦手だと言う方も多いようですが、考え方をシンプルにするとLINEの良さを引き出すことも出来ますのでそのシンプルな考え方について話をしたいと思います。

結局は会話。なるべく相手にタイムリーに返答させよう

返信時間が空くとどうしても距離感が離れてしまいます。

なるべくタイムリーに返答を貰いたい。ここが重要な話になります。

疑問形を中心に文章を作る事です。

疲れたわー、と言われても大変だねぐらいしか返答ありませんよね?(笑)

電話なら話の入りとしては問題ないでしょうが、LINEだと致命傷になりかねません。

「今日はお疲れ様。明日は何時に仕事終われそうなの?無理しないでね。」のような形であいさつ→クエスチョン→ねぎらいのような流れにして疑問形の言葉を中心に展開して下さい。

気を使ってもらってる印象と、答えやすい問いが入っているので相手もあまり考えずに返信しやすいです。

一方的に終わる文章や、答えが難しい話は返信を遅くさせてしまいます。

質問攻めは良くないですが、返信がタイムリーにくるようにこういった形を取るように心がけて下さい。

タイムリーな返答を貰えるようになったら

電話形式のようなある程度タイムリーな返答を貰えるようになったらゴールは近いです。

LINEをタイムリーに返信したいと思われている訳ですから、自分が欲しい回答も相手が言ってくれる確率は高まります。

この状態まで行っていれば、クエスチョンが入る文面よりこちらで回答を限定するような文面が効果を発揮します。

例えば水族館と動物園ならどっちが良い?のような内容です。

デートどこ行きたい?食事が良い?等の無数の回答がある内容では無く、勝手にこちらで限定しても相手は返信をしてくれます。

何故ならタイムリーに返信するような関係になっている事で親近感が相手にも湧いていますからね。

貴方のLINEを早い段階で返そうと考えている段階で、もうそれは好きに近い感情と言っても過言では無いのです。

付き合えるようになった後のLINEの使い方

LINEでのやり取りの結果、好きな人とめでたく付き合えるようになった後の話です。

疑問形を使う。タイムリーな回答を貰うるようにするは付き合う前までの話になります。

付き合った後のLINEに関しては電話で話すような内容のだらだらした内容でOKなんです。

何故なら付き合った後に毎回疑問形や、長い文面で労りある文章を貰っても相手はプレッシャーに感じてしまいます。

付き合うといういちよのゴールにたったら自然体を心がけましょう。

結局は何気ない会話をする事がカップル長続きの秘訣にはなります。

貴方も付き合った後に毎回あれはどうなの?と聞かれてばかりでは息が詰まりませんか?

自身も相手もリラックスした状態で今後を歩むには、普段友達と話すような何気ない会話が重要だとお分かり頂けると思います。

番外編 LINE音声入力機能

どういう状況でも使えますが、LINEには自分の声をそのまま送れる機能があります。

相手に何か声で伝えたいけど電話しづらい時にも使えます。

又、声と言うインパクトもあり相手に気持ちを伝えやすい機能なので、便利に使ってみて下さい。

皆さんのLINEライフが良くなるように実践してみて下さいね!!

「 LINEテク 」 一覧へ





 - LINEテク