出会いとデートの教科書

-出会いの第一印象からLINEのテクニックまで、デートを成功させたいすべての男女へ-

デートでダサいと思われない服装の鍵は「スキニー」にあり!

      2019/11/08

デートでは、待ち合わせ場所で顔を合わせた瞬間のファーストインプレッションでその日一日の印象をある程度決定づけます。

そのため服装はデートを成功に導くための重大要素。中でも「パンツ(ズボン)」は身体全体の印象を左右します。

ファッション初心者はついついアウターやジャケットなどのトップスばかり意識してパンツは疎かにしがちです。しかしパンツは最優先で考えるべきコーディネートの要。

この記事では、体型を格好良く見せるパンツの選び方や、デートに適したパンツについて解説します。

デートの服装に自信が持てない男の最強武器「黒スキニー」の魅力とは

ファッションに自信がなくても、これさえ履いておけば他に何を合わせてもそれなりにスタイリッシュに見えてしまうアイテムが黒のスキニーパンツです。

ファッションにおいて、黒は確かに無難な色。面白みに欠けると思われるかもしれませんが、最もドレス要素の高い色でもあります。冠婚葬祭で着る色が黒なのも、そのためですね。

例えば無地の白いTシャツに、ベージュのチノパンやカーゴパンツを合わせた格好を想像してみてください。コンビニには行けたとしても、とてもデートには着て行けないですよね?しかし、パンツが黒の細身であればその印象がガラッと変わります。下半身に最もドレス要素の高いアイテムを取り入れることで、他のカジュアルアイテムを引き締める効果があるのです。

あらゆるコーディネートを美しく見せる黒のスキニーパンツは、一本は持っておくべき男の服装の必需品だと言えるでしょう。

デートでデニムを履くなら”収縮色"の濃いカラーが鉄板!!

黒スキニーは最もおすすめのパンツですが、さすがに毎度毎度デートで同じパンツを履くわけにはいきません。よって、黒以外のパンツも必要になるわけですが、そこで有力候補に挙がるのがブルー系のデニムです。

デートで履くパンツとなると、やはり重要なのはドレス要素。必須条件として、黒に近いダークカラーであることと細身であることが挙げられます。理想の色調としては、以下のようなネイビートーンのデニムです。

ダークカラーの利点はドレス要素だけではありません。黒に近い収縮色であればあるほと、履く人の脚を細長く見せる効果があるのです。

反対に、白に近い膨張色はモノを大きく見せる効果があります。理想的な体型に見せるためには、身体の下半分は収縮色を選ぶのが鉄則。そのため、どれだけカッコいいヴィンテージ加工が施されたデニムでも、薄いブルーのものはおすすめしません。

同じく、イタリアのファッションスナップでよく見られる白のデニム、定番のベージュチノパンなども、本来の体型より短足に見えてしまいやすいので注意が必要。

アイテム単体の格好良さではなく、あくまでコーディネート全体で考えるようにしましょう。

「安い=ダサい」の考えからそろそろ卒業しよう

女子ウケするファッションとは、決してブランドの名前ではなくあくまで視覚効果をきちんと意識したコーディネートです。

なので極論てはありますが、アルマーニのライトブルーデニムより、ユニクロの黒スキニーの方がデートには適しているというわけです。

一着30000円のジャケットをセレクトショップに注ぎ込むぐらいなら、SPUTNICKSで合理的なコーディネートを揃えた方がよほどデートの成功率は高いと言えるでしょう。

女子ウケというか、視覚効果で好印象を演出するコーディネートはある程度確立されているので、以下の記事も参考にデートへと臨みましょう。

関連記事 : デートでモテるメンズファッションの方程式とは





 - デートでモテる服装