出会いとデートの教科書

-出会いの第一印象からLINEのテクニックまで、デートを成功させたいすべての男女へ-

結局、誠実に接するのが一番モテる。可愛くて一目ぼれしても冷静でいるのがおすすめ。

   

こんにちは。heyhojounalです。

この「彼女を作る方法」シリーズ第7弾です。

誠実に対応することが、結局、一番モテます。

では。体験談を見ていきましょう。

自己紹介

私は現在33歳、自営業を営んでいる者です。

昨年結婚して妻と二人で仲良く暮らしております。

私は、中学、高校、大学と彼女はおらず、女子には見向きもされない、いわゆる、モテない、寂しい学生生活を送っていました。

当時は「彼女を作りたい!」と毎日のように言っていた事を覚えています。

そんな私は、結婚にいたるまで10人以上の女性とお付き合いさせてもらいました。学生時代のあの時を思い返すと今でも信じられません。

今回は、私の経験から培った、「彼女を作るテクニック」を是非シェアできたらと思います。

そもそも彼女ができなかった原因

彼女ができなった学生時代を思い返すと、いくつか原因はあると思います。

顔がブサイクなのはしょうがないですが、恥ずかしさから女子と話す時は常にふざけていて、下ネタを言っていたり、男子とばかり連んでいて、アホな事(パンツ一丁で廊下を走ったりなど)ばかりしていました。

男子の友達はたくさんいましたが、女子からは気持ち悪がられていたのだと思います。自分に自信もなかったので、女子の目を見て話す事ができませんでした。

私が意識して実践したテクニック

そんな私も、社会人になり、なんとかせねば!と必死で試行錯誤していたころ、ある2つの事を意識し始めてから急に彼女ができました。

1つ目は、女性に対して「誠実に接する」という事です。

これを意識すると、話し方や行動も変化していきます。

相手の女性に対して、「リラックスさせるようにゆっくり話したり」、「共感するように話を聞いたり」する事によって、相手の信頼感を高めてより親密な関係が築きやすくなりました。

親密になっても、「すぐに体を求めない」のも大事だと思います。男なら、すぐにSEXをしたいという欲求が湧いてきてしまうかもしれませんが、どんなにその方が魅力的でも、初めはグッと我慢するべきです。あくまでも誠実に接することが彼女を作る近道です。

2つ目は「短い期間で頻繁にあう」とい事です。

人には、ザイオンス効果といって、短期間で複数回同じ人とあうと、その人に好意を持ちやすいという心理効果があります。これは、1つ目の「誠実に接する」と併用しないと悪い方向にしかいかないので気をつけて下さい。

以上の2つを心がけるだけで、彼女を作るというゴールは非常に近くなります。

実際に彼女ができた時の流れ

当時、社会人になったばかりの私は、女性との出会いを求めて、合コンに参加したり、友達に紹介してもらいながら、数多くの女性と知り合うようにしていました。

そんなある日、友達がオススメしてくれた一人の女性に一目惚れしてしまったのです。

可愛いと美人を両方兼ね備え、性格も明るくて、話していてとても楽しい理想の女性でした。

その時は、舞い上がる気持ちをなんとか抑えつつ、平静を保ちながら彼女の悩み相談を紳士に聞いていました。

私はこの女性をなんとか彼女にしたい!そう思っていました。

「今度また、いつでも相談のるよ?」なんて言いつつ、しっかり連絡先を交換し、その日は駅まで見送りました。

帰った後はメールで楽しかった事を伝えて、お悩み相談の続きなんかをしました。

1回目のデートはその日に約束しました。デートといっても、まだ好意がある事は伝えずに軽いノリで食事をしようという誘い方です。相手も親身になって相談を聞いていたからなのか、直ぐにOKをくれました。

2人だけで会う初めての日、私は気持ちも最高潮でしたが、まだなんとか平静を保って、終始一緒に笑ったりしながらその仲を深めていきました。

2回目のデートはその日に約束。理由はなんでもよかったので覚えていませんが、映画を観に行きました。

3回目は映画の流れで、少し攻めて、私のお家でDVD鑑賞会の約束をしました。彼女もノリノリで承諾してくれました。

当日は、もちろん部屋を隅々まで綺麗にして、居心地の良いなるべくおしゃれな空間を作り、彼女を出迎えました。

おしゃべりしながらDVDを見始めて、終わった時間は夜の11時ごろ。

そこで「今日は本当に楽しかった、来てくれてありがとう。」続けて、「時間大丈夫?そろそろ終電だから駅まで送るよ。」と提案してみました。2秒後に「それとも泊まっていく(笑)?」と提案。

一瞬戸惑ったような反応を示した彼女ですが、「何もしないなら泊まっていく」と言いました。

心も体も興奮状態はMAXです。でもその日は本当に何もしませんでした。

翌朝、二人で起きて、身支度をした後に彼女を駅まで送って、4回目のデートを約束しようとした時に向こうから、「次回は私の家でDVD鑑賞ね」と言われました。

4回目のデートの後、私は彼女に好きな思いを伝えて「付き合ってほしい」と伝えました。彼女は笑顔で「もちろん!」と言ってくれました。

こうして私は、その女性と出会ってから見事にお付き合いすることができました。

出会ってから付き合うまでは1ヶ月未満でした。

今現在、彼女が欲しい方へ

好きな人、気になる人がいない人は、まずは、合コンでも、紹介でも、ナンパでも、出会い系サイトでもいいので、とりあえず気になる女性と出会ってください。

私は上記のような経験で彼女がきました。

実は、この方法はその後の別の彼女も全く同じ流れで成功しました。

大事なことは、誠実に接しながら、短い期間で頻繁にあう事です。

是非、試してみてください。

彼女を作る方法





 - 彼女を作る方法