出会いとデートの教科書

-出会いの第一印象からLINEのテクニックまで、デートを成功させたいすべての男女へ-

動画だけじゃない!!速度制限の原因となる通信量の多い3つのアプリ

      2018/06/01

photo credit: Worried! via photopin (license)

LTE、4G回線では、月間通信量の上限を超えると速度制限がかかってしまいます。

そのため通信量の多い動作はWi-Fi環境下で行うのが基本です。

関連記事|4G(LTE)の速度制限を回避するには常時Wi-Fiオンが必須

しかし、動画再生のような明らかに通信量の多いものなら自覚して注意できるんですが、中には思いもよらぬアプリが膨大な量の通信を行っていたりします。

これらのアプリに気づかず4G通信で使用していると、場合によっては月半ばでiPhoneが文鎮化する怖れもあります。

特に見落としがちなアプリを3つ紹介しますので、毎月のように通信量の上限に悩まされている人は是非参考にしてください。

photo credit: Worried! via photopin (license)

スポンサーリンク

iPhoneの通信制限を招く可能性があるアプリとその対処法

App Storeの自動アップデート

iOS7以降、アプリのアップデートは手動で行う必要が無くなり、自動でバージョンアップされるようになりました。
非常に便利ではあるんですが、インストールしているアプリの数によっては命取りとなります。貴重な4G回線を自動アップデートで消費したくない人は、以下の設定で機能を解除しておきましょう。

「設定」アプリからiTunes&App Storeを選び、

App_Store2

「アップデート」をオフにします。

App_Store1

Facebook動画の自動再生

「Facebook」アプリのニュースフィードでは、タイムライン上の動画が自動再生されるようになっています。
この機能が搭載されてからというもの、今まで以上に動画コンテンツが身近になったわけですが、良いことばかりではありません。どうでもいい企業CMの動画も自動で再生されてしまい、僕たちの大事な4G回線が蝕まれるようになっています。
これも設定で解除することができます。

アプリ右下の「その他」から、「設定」の項目をタップしましょう。

Facebook1

「動画と写真」を選び、

Facebook2

「自動再生」をタップします。

Facebook3

初期値では「スマート自動再生」がオンになっているので、「Wi-Fi接続時のみ」もしくは「動画を自動再生しない」を選んで解除しましょう。

Facebook4

無料音楽視聴アプリ

実はこれが一番の落とし穴です。

最近では無料で音楽が聴き放題のアプリがとても充実しています。

iLoveMusic FM 音楽で聴き放題 - Cengyun Wang
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: 無料

これらのアプリはクオリティも非常に高く、あらゆる楽曲を好きなだけ視聴することができます。iTunesで曲を買わずとも最新のヒットソングを思う存分享受できるわけですね(もちろん法的には超絶グレーでしょうけど)。

それで、実際僕もこれらのアプリを利用して通勤時やカフェでビルボードチャートの楽曲を貪り聴いていたんですが、気づけば通信量が6GBを超えていました。上限の7GBに切迫する数字です。しかも月末まで10日ほど残した状態で。

少し考えれば分かることだったんですが、この類のアプリは全てYouTubeのデータから引っ張ってきています。よって、視聴している間はずっと動画を再生しているのと同じ状態となります。
調子に乗ってiPod感覚で利用しているとあっという間に速度制限のペナルティを食らうので、用法用量を守って正しく使うようにしましょう。

【追記】
2015年になって盛り上がり始めた、Apple MusicLINE MusicAWAなどの音楽ストリーミングサービスも容量を消費します。ただ、上記の無料音楽アプリのようにバックグラウンドで動画を垂れ流す訳ではないので、それらに比べると通信量はマシです。

まとめ

一番危険なのはやはり音楽アプリですね。

App Storeの自動アップデートなんかは実際のところ便利な機能なので闇雲に解除するものではないですが、2GB・3GBの小さいプランで契約している人はデータの節約にアリだと思います。







 - 運営者雑記