出会いとデートの教科書

-出会いの第一印象からLINEのテクニックまで、デートを成功させたいすべての男女へ-

友達から彼女へのステップアップ方法

   

こんにちは。heyhojounalです。

この「彼女を作る方法」シリーズ第5弾です。

今回はかなり恋愛テクニックをお持ちの方です。

現役の学生の方からの投稿です。

告白のタイミング、告白のお言葉等、とても素晴らしいと思いました。ぜひ参考にしていきましょう。

自己紹介

現在は専門学校に通っている学生です。恋愛経験は比較的豊富な方で、今までは2人の女性と交際経験があり、現在でも付き合っている彼女がいます。

本記事では私の経験をもとに彼女をつくるテクニック、さらにめでたく彼女ができてからうまく付き合っていく方法までを解説させていただきます。

友達から彼女へのステップアップ方法

誰しも好きな人と付き合って楽しい生活を送りたいものです。

ですが、彼女を作ろうと思ってもそんな簡単に作れるものではないことは皆さんもうご存知のことだと思います。

ですが、彼女が作るためにできることがあるはずです。彼女が欲しいのならば自分で工夫していくしかないのです。なにもせずに相手に好きになってもらう待っているようではダメなのです。

はじめはお友達から

想い人ができても焦ってはいけません。全く知らない人から告白されて付き合う人はほぼいないからです。まずはお友達として距離を縮めて自分のことを知ってもらい、コミュニケーションをとる回数を増やしていきましょう。

目指すのは数ある友達の中でも特に仲がいい友達という存在になることです。

女の子との話し方テクニック

仲良くなるためにはただ会話をすればいいというわけではありません。ここでは、私なりの女子に好印象を持たれる話し方について解説します。

話す内容ですが、あまり自分のことばかり話すのは避けましょう。

多少なら構いませんが、自慢話や自身の趣味の話を大量にされては相手側も嫌気がさしてきてしまいます。何気ない日常会話で構いません。ひとまずは話す回数を増やし、相手側から話しかけてもらえるくらいの関係を目指しましょう。

さらに、話すだけでなく相手の話もしっかりと聞いてあげましょう。むしろ、話すよりも聞く方が重要だと感じています。女子は話すことが好きな人が多いですから、話を聞いて共感してもらったり、最後まで聞いてくれたりすると好印象を持たれます。話すのが楽しい、落ち着くと感じてもらえるレベルまでいければ大健闘です。

内面を磨こう

女子の中には面食いと呼ばれるイケメン好きもいますが、付き合う上で自身の内面はとても大切です。私の経験上優しい男性は元来モテる傾向があります。

私の話になりますが、私は同世代の男子の中では背も高い方で目つきが悪かったようで女子からは怖がられることもしばしばありました。見た目は変えられないので私は内面で女子に好かれようとしました。

その中で大切なのは笑顔です。誰と話していても笑って接したり、色々と気を遣ってあげることを意識していました。その結果、同じクラスの女子はもちろんのこと他クラスの女子とも良好な関係を築けました。

どんなイケメンでも性格が悪くては付き合ってもすぐにボロが出て別れてしまいます。自分の内面を磨いてたくさんの女子に好かれる存在になりましょう。

告白はシンプルに

女性の中にはサプライズが好きな人もいます。ですが、あまりに凝り過ぎた告白の仕方をするとかえって引かれてしまったりと逆効果になることもあるので無難に、そしてシンプルに想いを伝えましょう。

そこまで凝らなくてもまっすぐに想いを伝えられるだけで女性は嬉しいものです。

長く付き合うために

めでたく好きな人とお付き合いできることになったらもちろん長く付き合っていたいはずです。むしろ、付き合ってからが本番です。告白に成功することがゴールではなく、ようやくスタートラインに立ったというわけです。

相手のことをより深く理解してより良い付き合いをしましょう。ここでは、その秘訣をお教えさせていただきます。

お互いの距離感

付き合い方には人それぞれありますが、お互いの距離感というのはとても大切です。近すぎず、離れすぎずお互いに合った距離感で付き合っていきましょう。

愛情が深いのはいいことですが、強すぎると愛情が重いと思われてしまったり、女性がプレッシャーに感じてしまうこともあります。ですが、距離をおきすぎると本当に私のことが好きなのかと不安に感じてしまいます。

なので、相手に合った距離感で接するのがとても重要になってきます。これは男女間ではよくトラブルになる事象なので注意しましょう。

価値観の理解

自分はこう考えるけど、相手はこう考えてるといったように人の数だけ価値観というものが存在します。付き合った相手が違う価値観を持っていることは当然あります。そこで大事になってくるのがお互いの歩み寄りです。

この人の価値観は理解できないと拒絶するのではなく理解しようと努めてみてください。些細なことから、大きな事柄まで人には価値観が存在するのでその部分をお互いに理解して自然体の付き合いをしましょう。

ですが、相手に嫌われたくないからといって自分の価値観を押し殺してまで相手に合わせる必要はありません。そんな窮屈な付き合い方をしていてはいずれ疲れてしまいます。大切なのはお互いに歩み寄ることであり一方が合わせることではないからです。

相手への想いや感謝の気持ちを伝える

先ほど強すぎる想いは相手にプレッシャーを与えてしまうと言いましたが、全く伝えないのもそれはそれで問題です。

相手に自分は君のことが好きだよ伝えれば安心させることもできますし、相手も喜んでくれます。

また、常日頃から感謝の気持ちを伝えましょう。デートの別れ際に、「今日はありがとう。またどっか行こうね。」と一言いうだけで相手はまたデートに行きたいと思ってくれ、さらに愛情が深まります。

今の彼女とどのように付き合ったのか

では、今付き合っている彼女にどうアプローチをして今の関係を築けているかをお話させていただきます。今までお話させていただいたテクニックをどのようい使い、彼女を手に入れるまでに至ったのかを、テクニックの実践編として見ていただければ幸いです。

地道なコミュニケーション

現在付き合ってる彼女は同じ学校に通う同級生の間柄です。初めは新しいクラスということもあり、男子のグループと女子のグループのように分かれていて事務的な会話以外ほとんど話す機会はありませんでした。

話すようになったのは、学校単位のイベントがきっかけでした。そこから、LINEで話すようになりお互いのことを知っていきました。

私はこの時点で彼女に惹かれていたので、しつこくならないように注意しながらLINEをずっと続けていました。

それから、学校で他愛のないの話をよくするまでに発展しました。

大切なのは急ぎ過ぎないように地道に関係を深めていくことです。コミュニケーションは時間が経てば自信に繋がります。

コミュニケーションから相手を知る

LINEや会話から相手のことをどんどん知っていきましょう。

まだ、付き合ってなかったのでプライベートのことに踏み込み過ぎないように注意をしながら、妹さんがいることや食べることが好きであることや過去にこんなことがあったのように徐々に彼女のことを知っていきました。

もちろん自分をアピールするために自分の話も適度に盛り込みました。あまり多く自分語りをする男性は好かれないので、どちらかと言うと彼女の話を聞く方の割合を増やしました。

勝負所を見極める

お互いに親密な関係が築けてきたと思ったら行動に移していきました。

私の場合は学校でイベントの紹介をされて、そのイベントに現在付き合っている彼女と二人きりで行きました。

その時点ではまだお付き合いはしていませんでしたが、長い事LINEや会話で親密な関係が築けている自信があったので思い切って二人で行くことにしました。この時の疑似デートが印象に強く残り告白する決心をしました。

告白は着飾らず

イベントに二人で行った後に私は告白するべく、彼女を食事に誘いました。

いつも通りの他愛もない会話をしながら食事をした帰り道に人がいない公園に寄り回りくどい言い方はせずに「あなたのことが好きです。僕でよければ付き合ってください。」とストレートに想いを伝えてOKを貰いました。

お互いの気持ちを尊重する

付き合ってゴールではなく、むしろここからがスタートです。

私なりの長続きする秘訣はどちらかが自分勝手にならないことです。自分の意見を通すときは通して、一方で相手の気持ちも汲み取って意見を聞いてあげましょう。目指すのはお互いにストレスのないお付き合いです。

言いたいことは言い合える関係性が現在の彼女とは築けています。もちろん、喧嘩もしますがしっかりとお互いの言いたいことは言って建設的な話し合いを行っています。そのおかげで喧嘩をしてもより仲が深まっています。

まとめ

今まで自分の交際経験に基づいて彼女の作り方、できてから長続きする秘訣をお話させていただきました。今までの経験上コミュニケーションよりも大切なものはないと思っています。私も付き合っていく中でたくさんの失敗をしてきました。

初めから何もかも上手くいったわけではなくたくさんの失敗から学び今に活かしてきました。現在付き合っている彼女とは自分で言うのもなんですがとてもいい付き合いが出来ていると思います。

みなさんも焦ることはないので、少しずつ自分の行動や考え方を変えるだけ大丈夫です。そんなあなたを見てくれる人はきっと出てきます。いい人を見つけてより良い付き合いを目指して頑張っていきましょう。

彼女を作る方法





 - 彼女を作る方法